ゼクシィ恋結び 費用

ゼクシィ恋結びとは?

ゼクシィ恋結び 

 

ゼクシィ恋結びは、会員の4人に3人が20代という若者の利用者が多い恋活アプリです。

 

結婚情報誌でお馴染のリクルートが運営する恋活アプリであり、業界最高水準の安全性を実現しています。

 

Facebook連結型のアプリですが、本名を出す必要はなく、Facebookに表示されることもありません。

 

結婚ではなく恋愛に主眼を置いたアプリであり、恋愛だけじゃなく共通の趣味を持つ友達探しなどにも利用されています。

 

ゼクシィ恋結び

 

ゼクシィ恋結びを使うメリットとデメリット

ゼクシィ恋結び メリット デメリット

 

ゼクシィ恋結びのメリットは、何といっても20代の女性が多いことです。

 

若い女性が多いというだけで男性のやる気は上昇すると思います。女性が多いと言っても、男女比のバランスが悪いと競争率が激化しますが、ゼクシィ恋結びの男女比は6対4であり、ほとんどバランスが取れています。

 

顔以外の写真を載せてもよいなど、写真の承認基準が緩いせいもあり、写真の掲載率も高いです。月額費用も安いですので、男性にとっては低価格で恋活サイトを利用できるというメリットもあります。

 

ただし、費用が安いことは、真剣度の低い人が集まりやすいというデメリットにも繋がります。

 

ゼクシィ恋結びは、結婚適齢期の女性が多いというメリットがありますが、結婚への意識はそれほど高くなく、友達感覚で利用する女性も多いですので、真面目な付き合いを望む男性にとってはややカジュアル過ぎるかもしれません。

 

婚活の意識が高い方には、婚活サイトのゼクシィ縁結びがおすすめです。

 

ゼクシィ恋結びを使う際にかかる費用は?

 

ゼクシィ恋結びは、無料会員でも毎月「30いいね」が付与されます。1日1人に「いいね」を送ることができ、マッチング後のメッセージ送信も初回のみ可能です。メッセージ交換が続きそうな気配があれば、有料会員になって本格的にやりとりをスタートさせましょう。

 

有料会員になると毎月「60いいね」まで回復し、マッチング後のメッセージ送信も無制限に行えます。女性は初回のみ事務手数料が発生しますが、次月以降は無料です。

 

ゼクシィ恋結び

 

ゼクシィ恋結びで出会うまでの流れを解説

ゼクシィ恋結び 流れ

 

ゼクシィ恋結びで出会うには、気になる相手に「いいね」を送り、相手からも「いいね」を返してもらうだけです。

 

「いいね」の送受信が行われるとマッチング成立となり、後はメッセージ交換を行う中でFacebookを公開したりアドレス交換したりして、個別の付き合いへと移行します。

 

プロフィールの充実度によってマッチング率に何倍も差が出ますので、自己紹介文などもきっちり記入して写真も添付しましょう。

 

「いいね」を送る相手は、なるべく短期間にログインしている方がよいので、ログインマークが緑(オンライン中)か黄(1週間以内)になっている方を中心に選びましょう。

 

「恋活サイト」と「婚活サイト」と「出会い系サイト」のそれぞれの違いと共通点

ゼクシィ恋結び 流れ

 

恋活サイトには、恋愛に対して真剣な方もいれば、メッセージのやりとりに終始するだけの方もおり、同じ「恋活」でもその情熱度は人によって差があります。一般的に費用の高いサイトほど、真面目な恋愛相手を望む方が集まる傾向があります。

 

反対に出会い系のような、基本無料のサイトになると、ラフな関係を求める人々が集まります。婚活サイトは恋愛よりも結婚を重視する方が多くおり、再婚相手を探す女性も多いです。

 

恋活サイトよりも年齢層が高めですので、若い女性に人気が集まりやすいです。気が合う相手がいれば短期間にゴールインしやすいというメリットがありますが、若い男性にとっては同年配の女性を見つけにくいというデメリットがあります。

 

ゼクシィ恋結びは月額費用がリーズナブルですので、長期間の恋活も行いやすいですが、滞在期間が長ければ相手が見つかるというものではありません。

 

恋活でも婚活でも、自分から積極的にアプローチしないと有益な関係にはなりにくいというデメリットがあります。

 

ゼクシィ恋結びとペアーズの共通点と違いとは?

ゼクシィ恋結び ペアーズ

 

ペアーズはゼクシィ恋結びと同じFacebookの恋活アプリです。どちらも20・30代中心のアプリであり、基本システムは同じですが、ペアーズは会員数が600万人以上と他を圧倒しています。

 

地元の人を探そうとした時、母数の少ないサイトですと十数人しか見つからないこともありますが、ペアーズでは都市部だけじゃなく地方の出会いも期待できます。膨大な会員の中から希望の相手を見つけるため、豊富な検索機能が用意されており、多種多様なコミュニティが存在します。

 

ただし、ペアーズでは一般の有料会員とは別にプレミアムオプションがあり、オプションの有無でマッチング率が変わります。

 

ゼクシィ恋結びには追加機能はなく、会員同士の差別化に繋がりにくいので、他の会員に後れを取りにくいですが、特別感を演出しにくいというデメリットもあります。

 

⇒ペアーズの体験談はコチラからどうぞ

 

恋活サイトを選ぶ際のポイント

ゼクシィ恋結び 

 

恋活アプリは多数ありますが、怪しいサイトを利用すると個人情報流出などトラブルが起こりやすいというデメリットがあります。

 

ゼクシィ恋結びはFacebookと連結しており、年齢確認には公的証明書の提出が必要など、複数の入会規制を設けています。

 

ゼクシィ恋結びを含め、大手サイトは基本的に安全性が高いので、どのサイトを利用しても問題ありませんが、会員の雰囲気や年齢層、検索機能などサービス面など、細かい違いがあります。

 

大手サイトは無料お試しできるので、興味のあるサイトがあれば実際に試してみることをおすすめします。

 

⇒女性が無料で使える恋活アプリランキングはコチラから