ペアーズ 写真と違う 女性

ペアーズでありがちな女性の詐欺写メの例9選

ペアーズ 写真と違う 女性

 

ペアーズでマッチングして実際に会ってみたら写真と全然違う・・・・そんな経験を持つ男性も少なくありません。

 

折角、期待して会ってみて女性の詐欺写メが判明すれば、今までのメールのやりとりに費やした時間と労力は何だったのか。そんな気持ちにもなりますよね。

 

ということで、今回はペアーズで写真と違う詐欺写メ女性会員の例を9つ挙げてみます。

 

髪の毛で顔を輪郭を隠している写真

 

前髪を流しているように見せて、片目や顔半分を隠してしまったり、ボブのような髪形で顔の輪郭を隠している場合です。髪形や撮り方にもよりますが、顔の一部を隠すと小顔効果で綺麗に見える事があります。

 

しかし、相手からはやはり「ハッキリ顔がみえないな」と思われがちですし、隠し方によっては暗い印象を与えてしまう事も。

 

撮影の角度がやや上からの写真

 

目を大きく、小顔に写そうと思ったら、カメラを斜め上から構えて撮るのがよいと言われています。そのため、自撮りでも多くの女性は斜め上から上目遣いの写真を撮るのです。

 

こうして撮るとたしかに綺麗に撮れるのですが、実際に会うと写真と違うな、という事も多いので、斜め上からの写真には注意しましょう。

 

若干ピンボケしている写真

 

写真を撮るときにはよくあるテクニックですが、多少ピンボケする事で、ある程度綺麗に見せられます。肌などはそれだけでもかなり綺麗に見えますし、はっきり見えない事でごまかせる点も多いです。

 

自然にピンボケになってしまうのは仕方がないですが、最近では撮った写真をわざとピンボケにするアプリなどもありますので、ピンボケ詐欺の可能性もあります。

 

遠目で顔が微妙にわかりづらい写真

 

詐欺とまでは言えませんが、遠目で小さく映っている写真などはどうしても顔が分かりづらいです。

 

旅先で撮った記念写真など、全身が写っているのは良いのですが、それでは顔が分かりづらく、雰囲気で判断するしかなくなります。

 

それしか写真がない、という事も考えられますが、わざとわかりづらい写真を使っている事もあります。

 

目が加工されたプリクラ写真、SNOW写真

 

最近のプリクラは、目が大きくなるように写ったり、肌が綺麗になるように修正されるので、実物が写真と違う可能性は高いです。

 

SNOWも同様で、かなり加工が入るので綺麗には写りますが、実際の姿とはかなり違ってしまうのでプロフィール写真としてはあまり信用できません。

 

それ以外にも、加工できるアプリはいろいろあるので、加工している感じの写真には要注意です。

 

腕で顔を隠している写真

 

顔出しに抵抗があるのでしょうが、腕などで顔を隠している場合は、やはり顔が見えていないという事になってしまいます。

 

特に目の部分を隠されると実際の顔はほとんどわからないという事になるので、プロフィール写真としてはあまりよくわからないものになるでしょう。

 

全体の雰囲気はわかるので、写真がないよりはマシ、といったところではないでしょうか。

 

顔のアップの写真だけ、もしくは半分しか写ってない

 

顔のアップしか写っていない場合、もちろん顔ははっきりわかるのですが、首から下が全く見えないと体型や服装が全く分からない事になります。

 

顔の割に太っている場合もありますし、ファッションのセンスが「これはちょっと付き合えないな」というものであるリスクもあるので、顔のアップだけ、という写真は避けたほうが無難かもしれません。

 

さらに顔の半分しか写っていないようなものは論外です。

 

マスクで顔の下半分が隠れている

 

最近増えているマスク女子。しかし婚活サイトのプロフィール写真にまでマスクをするのはやりすぎでしょう。

 

顔を隠すのが目的としか思えませんし、マスクをすると顔の半分が隠れてしまう事になるので会ってみると写真と違う、という事になりかねません。

 

また、マスクをしないと人と会うのが心配、というのが、コミュニケーションをとる上で心配なのも確かです。

 

若い時のサバ読み写真

 

最近撮った写真がないという事で、かなり以前の写真を使う事がありますが、何年も前の写真というのはやはりサバ読みといわれても仕方ないでしょう。

 

女性は若いほうがアプローチされやすいものですから、若い時の写真を載せたくなるのはわかりますが、実際に会ったときに印象が写真と違うというがあるので注意が必要です。

 

ペアーズで会ってみたら写真と違う!詐欺写メを見抜く防止策とは

ペアーズ 写真と違う 女性

 

ペアーズで詐欺写メ女性と会う前に事前にある程度、防ぐ方法を2つお伝えします。

 

まず1つ目は会う前に「最近の写真を交換しませんか」と提案することです。

 

いろいろな写真を見たほうが本当の姿が分かりやすいのは確かでしょう。

 

会う前に、最近の写真が見たい、と伝えてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん自分の写真も見せる事が前提です。一度プロフィール写真を見ているのですから、詐欺写メを使っていなければ写真交換にも抵抗はないでしょう。

 

そして、2つ目は最初から詐欺写メ要素が高い女性を選ばないことです。

 

ペアーズでいかにもプリクラやSNOWの写真だったり、斜め上から撮った自撮りだったりといった、詐欺写メの疑いがある女性は、避けたほうが無難という事になります。

 

プロフィールでよほど気に入れば構いませんが、そうでなければ普通の写真を掲載している人に優先的にアプローチしたほうがよいでしょう。

 

ペアーズにはたくさんの会員がいるのですから、詐欺写メのリスクを負う必要はありません。

 

 

まとめ〜ネットの出会いは写真と本人の違いは多少ある。過剰に期待しすぎないことも大事。

ペアーズ 写真と違う 女性

 

写真はどうしても写りの良し悪しがありますし、SNOWのように明らかな加工でなくても、少しだけ目を大きく見せたり、肌荒れを隠したりといった加工はされてもわかりません。

 

ペアーズに限ったことではありませんが、ネット婚活やネット恋活などでの出会いの場合、容姿は写真に頼るしかありませんが、写真と実際の姿が多少違うのはよくある事ですので、過剰な期待をしないようにしましょう。

 

加工などをしていない場合でも、綺麗に撮れた写真を使うものですから、ちょっと違うかな、というくらいはよくある事です。

 

あまり最初から期待しすぎないことがまずは大前提です。

 

その上で出来る限り会う前に最近の写真をお互い交換するように提案してみること。

 

また、最初から怪しいと疑うような写真を掲載しているペアーズの女性会員にいいねを無駄遣いしないことが大切になります。